詫間海軍航空隊基地跡

詫間海軍航空隊基地跡、

今年の5月から5回目の訪問です。


ここは若かりし、親父が新兵訓練でしごかれた場所。

記念すべき地なのです。


ここでのしごきがその後の私のしつけや教育に多大な影響を及ぼしたわけですから、

私にとっても、ここは聖地なのです。


つらかったろうなあ~

しんどかったやろうなあ~

良く耐えましたね~~


おつとめご苦労様でした。


ライバル関係で終わった、父と息子がこの地で初めて親子になれた気がします。

やっと親父の苦労に共感できたのです。


もっと早くできていたらよかったんですが。

どっちも頑固ですからね!


同じ地を短期間に5回も尋ねて、やっと複雑な感情とも さよなら できました。

親父の亡霊が離れていってくれた気がします。


取りつかれていると思っていましたが、守ってくれていたのでしょうね。

ありがたいことです。

感謝です。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マダム新子 (木曜日, 04 12月 2014 10:21)

    父親を完了できて、ホントに良かったですね~(^0^)/
    自分らしい人生のスタートですね~☆☆
    子どもは、物質的には 親から自立しても、心の自立は 時間もかかるし
    なかなか自分一人では難しいですね…@@
    与えられた範囲の自由ではない、中からの本当の自由を手に入れたんですね~(^0^)/ 

  • #2

    一読者 (木曜日, 11 12月 2014 21:11)

    親を失くして何年も何年もたたないとわからないことがありますね。

    相手の立場にたちきるためには、それだけの時間と努力をしないと立てないものですね。五回訪ねるという五回は実は並大抵の五回ではないのではないでしょうか?

    いったい誰のためならば、人は五回その地を訪ね、相手のことを知りたいと思えるでしょう。

    一足飛びでなくとも生きているうちにわかることが出来たこと、本当によかったですね。五回訪ねたその気持ちの本気さに感動しました。